読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー通信

アラフォーサラリーマンが脳内で飼育する忍猫が綴る妄想ブログです。

パワポで企画書をおこすことを『絵を描く(書く)』っていうのが気に障る

f:id:iwakumoto:20140830102115j:plain

 これってウチの会社に限った表現なのかもしれないですけど、パワーポイントで企画書をまとめることを『絵を描く(書く)』って言う人がいるんですよね。社内でミーティングしているときに、「じゃあこの内容で絵描いてみろ」って使い方するんですけど。ある個人に特定したハナシじゃなくって、ちらほらそういう表現を使う人が存在するんです。年齢層的には部長以上のクラスの年代の人に多い印象でしょうか。

 っていうか何なのその言い回し。普通に「企画書作れ」って言いなさいよ。我ながら小さいなあと自覚してはいるんですけれども、すごく気に障るんですこれが。もしかしたら格好良いと思ってる? 正直無駄にビジネス用語を使いたがる連中と同じくらいに嫌いです。おいそこで自分は関係無いと思ってる奴ら、今後「Win-Win」ってフレーズ口にしたら、一生肛門にコルクで栓するぞ。

 この「絵を描く」っていう一件に留まる話じゃなくって、ビジネス用語やマーケティング用語を多用する人ってなんだか頭が悪いように思えちゃってしょうがないんですよね。「俺、分かってるでしょ」アピールに見えちゃったり、逆に「言ってる意味自分の肚に落ちてんのか」と勘ぐっちゃったりします。私はそういう文脈で発言したいときも、できるだけ一般的な用語に置き換えて話すようにしてますけどね。「スキーム」とか「気付き」とか「ブルーオーシャン」とかって口に出すの、超絶小っ恥ずかしいもの。

 ですけどきっと、そういう聞こえが良いワードを臆面も無く口にできるような人が、世の中を上手に渡り歩いていっているんだろうなあとも思うんです。逞しい。けど、死ぬほどダサい。「テラスハウス終わるの残念〜」とか言ってんのと同じくらいにレベル低い。

こちらも『ナマイキ!あらびき団』を毎週楽しみにしている程度の人間ですけれども。