読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー通信

アラフォーサラリーマンが脳内で飼育する忍猫が綴る妄想ブログです。

Amazonに追加して欲しい機能

雑記

f:id:iwakumoto:20140815104649j:plain

 Amazon、まあまあ日常的に利用しています。単純に商品を購入するチャネルとしてだけでなく、商品検索ツールだとか、買い忘れを防ぐリマインダーとして便利使いさせてもらっているという感じでしょうか。

 ということで、どこぞで気になる商品の発売情報を見聞きすると、とりあえずAmazonで検索して「ほしい物リスト」に放り投げます。このタイミングでは、よっぽど欲しいか、早いところツバつけておかないと買えないものでないと予約購入までは至りません。

 で、定期的にほしい物リストを眺めては、ああもうすぐ発売になるんだな、という確認を行っているんです。まあ、リストに上がっているのは主に妖怪ウォッチグッズか、鎧武やトッキュウジャーの食玩か、好きな作家の文庫落ち作品か、といった程度なんですけれども。

 ただしこの「ほしい物リスト」を登録していて気になるのが、たまにAmazonから届くレコメンドメールが、この「ほしい物リスト」に挙げている商品をオススメしてくる件です。さも顧客のかゆいところに手が届きますでしょう?みたいな顔してオススメしてきてますけれどもさ、そりゃ欲しいヤツですよ。だから「ほしい物リスト」に載せてんだろうが、アァン?ってなっちゃいます。

 もしかしたらサイト回遊履歴かなんかを拾って推薦商品を決めてんのかもしれないですけど、だったらもう一手間加えて、「ほしい物リスト」に挙がっているやつはオススメしない、とかできないもんですかね。煩わしいったらこのうえありません。

 っていう話を知人にすると、「俺なんか買った商品までオススメされたことあるよ」と切り返されたことがあるんですが、そっちの信憑性ってなんか眉唾ですけど。ホントにAmazonで買ってますかソレ。無理に面白エピソード捏造したりしてませんか先輩。

 てな後輩の嫌な勘ぐりを生み出さないためにも、ここでAmazonさんに追加してもらいたい機能があるんですが。

その名も「よそで買ったリスト」。

 たまに首を傾げることはあるものの、やっぱりAmazonのレコメンドって助かったりするんですよね。購入履歴から関連商品を割り出して、「今度こういうの出ますぜ旦那」ってお知らせしてくれるの、普通に気が利いてるねって思います。おかげさまで買い逃さずにすんだモノとか実際にありますし。

 けどそれって、やっぱりAmazonで検索したか購入したかって商品に限られちゃうじゃないですか。モノを買う行為を全てAmazonさんに委ねているんならいいですけど、実際はそうじゃないケースもあるので、そうするとAmazon側にはそのあたりのデータって蓄積されようがないですよね。

 ということで、「よそで買ったリスト」です。Amazonとは別のところで買った商品をリストアップする機能ですね。申し訳ないけどAmazonさん経由では買わなかったんですが、私ってこういう商品も興味があって銭払うんですよ、というメッセージを伝えるわけです。これによってその後Amazonからやってくるレコメンドメールの精度はより一層高まりますし、個人的な購入記録としても使えて便利かと。

とっくに搭載済みでしたら偉そうに提言しちゃってすみません。