読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー通信

アラフォーサラリーマンが脳内で飼育する忍猫が綴る妄想ブログです。

『ブレイキング・バッド』シーズン1をようやく観た

ブレイキング・バッド SEASON 1 - COMPLETE BOX [DVD]

 前々から伊集院がラジオで紹介しているのを聴いて気になっていた『ブレイキング・バッド』ですが、いよいよスカパーのスーパー!ドラマTVチャンネルでの放送が始まったのでまずはシーズン1を録画視聴してみました。

 ドラマの紹介自体は

コラム:『ブレイキング・バッド』を観るべき8つの理由 | 海外ドラマNAVI

に譲るとして、これを一言に凝縮したのがコチラ。

「末期がんを宣告されたしがない化学教師が、家族のためにドラッグ精製に乗り出し、ドツボにハマっていく異色ドラマ」

 これ、アメリカでは何時台に放送されていたのか知らないんですけど、子供の目に触れさせたくないエロ描写やグロ描写が普通に出てくるんですよね。 セックス、ドラッグときてロックンロールならぬスプラッタです。

 なるほど、現地アメリカではさんざん評価された大人気ドラマなのに、日本ではフジテレビNEXTやらhuluやらといった、若干クローズドな場でしか取り上げられてないわけです。間違っても、王様のブランチやらヒルナンデスやらめざましテレビでは紹介できないでしょうね(してたらすみません)。

 実際にドラマを観てしまえばそこまで眉をひそめるような内容ではないんですけど、部分部分をつまみ食いしてご案内するには、このテーマを懐深く受け止める文化って日本のお茶の間にはないかもしれません。いや、もしかしたらいい加減それくらいの耐性は出来上がってるのかもしれないですけど、日本のマスコミにそこへ切り込んで行く度量がないんですかね。

 というわけで、まだご覧になっていない方には是非騙されたと思ってお試しいただきたい。のっけから上記DVDジャケット写真にあるブリーフに拳銃一丁のオジサンが登場しますけれども、気がつけば彼の虜になることうけあいです。J・J・エイブラムス的な「何だか分からない巨大な謎」を少しずつ小出しに解明していくタイプではなく、このジェットコースター、どこまで行っちゃうんだろう、っていう感じのドラマといえばよいでしょうか。

 シリーズは5で完結するらしいのですが、スーパー!ドラマTVではまだセカンドシリーズを放送中なので、私も暇を見つけては今後の展開を味わっていこうと思っています。これだから海外ドラマってやめられないわ〜。

まだ萌えるヒロインは登場してこないんですけれども。