読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー通信

アラフォーサラリーマンが脳内で飼育する忍猫が綴る妄想ブログです。

仮面ライダー鎧武と烈車戦隊トッキュウジャーの映画を観てきた

f:id:iwakumoto:20140725062114j:plain

 封切りとなった『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!/烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS』を息子と観てきました。ポケモンドラえもんの映画はじいじが、特撮ヒーローの映画は私が連れて行くという流れがいつの間にか出来上がっているので、ここは父親として息子のご接待をまっとうしてきたわけであります。

 とはいえ私自身も、大人料金を支払って2時間近く鑑賞してきましたので、元をとるべくいっちょう感想なんぞをエントリとしてUPしておこうかと思った次第。

仮面ライダー鎧武

 ワールドカップイヤーということなんでしょう、タイトルから見ても分かるとおり、全編サッカー推しです。企画立ち上げ段階ではスタッフの中で盛り上がったんでしょうけど、封切りのタイミングで国内のサッカー熱がどれだけのものになっているか、冷静に分析できなかったもんでしょうか。勝負なんて水ものなんですから、ブラジルから惨敗して帰ってくる可能性だって十分考慮できたでしょうに。

 ということで、もはや物語の根幹が揺らいじゃってるんですけど、そんな空気をよそに鎧武たちがパラレルワールドで、ダンスの代わりにサッカーでバトルします。パラレルワールドなので、死んだ初瀬も裕也も出てきます。しかし初瀬ちゃんあたりはせっかくの復活なのに、出番薄かったなー。クライマックスにイレブンで戦うための人数合わせでしかなかったじゃない…。

 と思えばもう一方で、なんなんだあの無駄に長い銃撃戦の描写は。もう監督がドンパチシーンを撮りたかっただけの演出としか思えません。少なくとも仮面ライダーの看板背負った作品でやるべきではなかったような。

 唯一爪痕残したのは、梨園から初のライダーに挑戦した片岡愛之助の力演だけかもしれません。正直氏の演じたキャラ自体が登場する背景も中途半端にしか描かれ ていないのですが、そのあたりはまあいいか、と呑み込めるレベルの熱いお芝居をしてくださいました。是非今度はウィザード劇場版でライダーになった陣内孝則と一騎打ちしていただきたい!

 あと、エキストラでビートバスター(マジイエロー)と不破十蔵が出ていてびっくり。てっきりストーリーに絡んでくるもんだと思っていたら、ただの通行人で終わるとは。

トッキュウジャー

 鎧武に比べて随分アッサリしたストーリー。テレビの通常回に、ちょっぴり多めにCG処理乗っけました、という雰囲気でした。

 やたらとスポット告知に出演していたヒャダインさんは、まさかの声だけ出演。一回くらい顔出しするかと思ったのに、そんなにお忙しいの?

 まあ本作のハイライトは、ゲスト出演したまいんちゃんこと、福原遥さんの女度上がりっぷりでしたね。プチブームに乗ってCDまで出したなめこの波が過ぎ去ってしまったので、今度は特撮の畑を耕しにきたのかなあと思っていましたが、Eテレ出てた頃より可愛さ増してませんか? 世間では似てるとか言われてる橋本環奈より、よっぽど天使じゃないかと思ってしまいました。

f:id:iwakumoto:20140725062321j:plain

 昨年のキョウリュウジャーの劇場版にゲスト出演した中村静香がテレビ版の後半にもゲストで出たことを考えると、まいんちゃんも同様に年末あたり、テレビ版での再登場があるんじゃないかと今から楽しみです。

人妻になってしまったごっちんから、まいんちゃんに乗り換えようと思ったのは内緒です。