読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー通信

アラフォーサラリーマンが脳内で飼育する忍猫が綴る妄想ブログです。

ミモレ丈スカートが熱いらしいとは聞いたものの

考え方

 先日奥さんから「ミモレタケって何?」との急な問いかけを受けました。いよいよ我が家にも禅問答の風が吹き始めたかと覚悟しかけましたが、どうやらアパレル関係の話らしい。

 このファッション偏差値の低い私によくまあそんな難問を放り込んできたもんですが、仕事柄もしかしたら知ってんじゃないかと試しに聞いてみたとのこと。まあ的外れな推理ではありませんが、そもそもファッションに興味が無いもんで、情報に触れてはいたとしてもその歩留まり率の低さといったらありませんですよ。

 聞けばミモレ「丈」とのことで、どうやらワンピースだとかスカートだとかの長さのことである様子。こちらで持ち合わせる知識の中では、マキシ丈が限界です。しかもマキシ、って言われたら大体の雰囲気から裾が長いんだろうな、って想像できますけど、ミモレでは残念ながら何もヒントが見つかりません。中森明菜のヒット曲に遠く似ているなあ、ぐらいが関の山です。

観念して検索してみたところ、

雑誌に良く載っているミモレ丈スカートとは、膝が隠れるくらいからふくらはぎ真ん中くらいの丈の長めレングススカートを指します。
ミモレ(mi-mollet)とは、フランス語でふくらはぎの中央ぐらいの長さを指す。ミは「真ん中の、半分の」、モレは「柔らかい、ふくらはぎ」の意。

f:id:iwakumoto:20140704072622j:plain

 とのこと。へえ。他に何も言えねえ。いや、何も言えなかないですけど、じゃあ今までそのくらいの丈のスカートって何て呼んでたんでしょうかね。膝下じゃあ少しニュアンス違うし。セミロング?違うか。まあとにかくアパレル業界も、新しいカテゴリを無理やり捻り出しては需要を創造するもんですね。いやはや商魂たくましい。

某業界で「巨大化女子」「逆わいせつ」「チアリーディング」などの新ジャンルが日々生まれてくるのと同じしくみでしょうか。